ダイヤモンドS2018勝手な競馬予想

エリザベス女王杯 モズカッチャン

photo by takuuma

ダイヤモンドS予想

東京芝3400mm左回りコースのステイヤーな長距離です。3コーナー手前の向正面からのスタートで外枠の方がスピードに乗ってコーナーに入れるので有利な傾向です。

体力のいるレースでどれだけ自分のレースができるかと適正が重要です。

前年の覇者アルバート不在でどの馬にもチャンスがあると思います。

 

本命14番のフェイスゲーム

昨年は6着でしたが、中山のステイヤーズでは2着なのでこのメンバーだと上位でしょう。さらに外枠なので文句なし。

は休み明けも問題ないでしょう。

2番手3番プレストウィック

ステイヤーズ3着で好走内枠なので少しマイナス評価。5走前の戸崎騎手なので問題はないでしょう。逆転候補です。

3番手6番ソールインパク

この距離は初挑戦ですが、仕上がり具合から見るといい勝負ができそうです。
どこまで我慢してついていけるかが課題です。左回りの方が得意でしょう。

その他抑えておきたい馬

リッジマン、グランアルマダ

【スポンサーリンク】

 

買い目

枠連流し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です