根岸S2018勝手な競馬予想

ダンビュライト

photo by takuuma

根岸予想

東京ダート1400mm左回りコースでこのレースはコースの傾向の逃げ先行より差しと追い込みが決まりやすいレースです。さらに雪の影響と気温が低いことにより、稍重から重ぐらいの馬場状態になりそうです。土曜日の傾向はダートは先行と差しが決まっているので、あまりにも後ろ過ぎると届かない可能性があります。

ハナを主張していく馬が不在なので例年通りミドルペースぐらいになりそうです。

あとは位置どりが重要になってくると思うので、出足がいい馬は抑えておきたいところです。

1頭が出走取り消しになり、13頭でのレースになるので、追い込み勢もいつもよりかは前からスパートをかけれるので、届く可能性が高いです。

本命7番キングズガード

後ろからの末脚はすごいものがあります。3F上がりタイムは常に1番の速さなので、頭数が少ない今回は外から突き抜けてくれるでしょう。

騎手も気心知れている藤岡祐介騎手に戻っているので期待です。

2番手6番のカフジテイク

近走惜しいところまではきているのですがなかなか届かずです。今回は調教も良く、去年の勝ち馬らしく突き抜けて欲しいところです。

追い込みの叩き合いだとキングズガードが一枚上と思い2番手です。

3番手2番アキトクレセント

ここ3走は右回りも左回りもいい感じでこなしています。最後の決め手にかけますが今回に調教には少し期待がモテる追い切りをしています。

 内枠先行でマイペースで行ければ一発もある馬です。

 

その他抑えておきたい馬

ブルドックボス、ノンコノユメ、モンドクラッセ

この三頭は抑えておきたいところです。

サンライズノヴァをどう扱うかも重要です。

 

【スポンサーリンク】

 

買い目

単複 3番手まで

枠連

5-2.4.5 3点

ワイド

2-6-7 3点

7-9.12.14 3点 

3連単BOX

2-6-7 6点

以上

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です